平日/10:00~13:00 15:00~20:00
休診日/日曜・祝日

宝塚市 中山寺 歯科 小児歯科 矯正歯科 予防歯科 安心の宝塚市歯科医師会会員 かねしろ歯科クリニック

院長ブログ

 

かねしろ歯科クリニックは兵庫県宝塚市の歯科医院(歯医者)です。歯科・小児歯科・矯正歯科の診療を行っています。なるべく抜かず・削らずを大切に考え、子供にも優しい治療を心がけています。また予防歯科にも力を入れ、定期検診や歯石除去・フッ素塗布なども行っています。宝塚市中山地区・山本地区の地元に根ざした歯科医院(歯医者)を目指しています

HOME»  一般歯科

一般歯科

むし歯の治療について

むし歯の治療について

かねしろ歯科クリニックでは「なるべく削らず・抜かず」を大切に考えています。
失えば二度とはえてこない自分の歯。
安易に抜いたり必要以上に削ったりしないよう、細心の注意を払いながら治療にあたっています。
削る量を少なくする工夫の例を挙げますと、
 IPC法の積極的な導入
 予防重視の治療

などがあります。
IPC法とは暫間的間接覆髄法と言われ、大きなむし歯がある歯の神経の保存に有効な治療法です。
手間がかかるので敬遠されがちな治療法ですが、当クリニックではIPC法が有効だと診断できれば積極的に使うようにしています。
またむし歯は放っておいても治りません。
それどころかどんどん進行してしまいます。
歯をなるべく削らないようにするためには、悪くなる前に処置することが重要です。
そのためにリコールによる予防重視の診療にも力をいれています。
早期発見・早期治療は虫歯治療においても大切です。

無痛治療

無痛治療

当クリニックでは無痛治療を実践しています。
無痛治療とは麻酔時の痛みを極限まで減らす治療法のことです。
歯の治療に伴う痛みをなくすため麻酔をしますが、麻酔は注射ですのでその際に痛みを感じることが多いのが現実です。
当クリニックで行う麻酔は、まず最初に粘膜表面へ塗り薬の麻酔を行います。
表面を十分麻酔を効かせた上で、今度は電動の麻酔器を使って粘膜下の麻酔をします。
この電動麻酔器は非常に優れていて、一定の圧力で麻酔液を注入することができます。
これにより患者さまがほとんど痛みを感じることがなく、快適に麻酔を効かせることができるのです。
さらに麻酔にはちょっとしたコツがあります。
当クリニックでは常に患者さまが快適に治療を受けられるよう工夫をしております。

 

歯周病の治療について

歯周病の治療について

歯を失う2大原因がむし歯と歯周病です。
この歯周病は初期のころはほとんど自覚症状がありません。
歯みがきをした時、たまに血が混じっていることはありませんか?
歯周病は痛みを伴わないで進行するので、気づいたときはかなり進行していたという事が非常に多いのが特徴です。

歯周病の主な原因は歯石です。
歯石がついたまま放置すると、歯周病は必ず進行します。
歯石をとってしまえば、歯周病を防げるわけなのですが、この歯石は歯ブラシでは落とせません。
歯科医院で専門の器具を使ってプロに掃除してもらわないといけないのです。
当クリニックでは歯科医師の指導の下、歯科衛生士が歯石の除去を含めた掃除をしています。
また歯石だけではなく、歯に付着したステイン(着色)やタバコのヤニ等の掃除も同時に行っています。
もちろんこれら全て健康保険の範囲内での処置となります。

また定期的におハガキで検診や掃除のご案内もさせていただきます。
掃除は1度きりでは大きな効果が見込めません。
継続して定期的に行うことで歯周病を防ぐことができるのです。
当クリニックでは患者さま一人ひとりのお口の状況に合わせて、定期健診の時期や内容を決めさせていただいております。
また時間のあまり取れない患者さまなど、その患者さまのおかれている状況にも配慮して無理のないプログラムをご提案させていただきます。
ぜひ一度当クリニックへお越しになってご相談ください。

むし歯の原因

むし歯はむし歯菌が、私たちが食べた食べ物を分解して出す酸によって歯を溶かしてしまう病気です。

むし歯の原因 たべものの残りカスの中にある糖分をむし歯菌が分解し、ネバネバ成分を出します。
むし歯の原因 ネバネバ成分を足がかりに他の細菌も歯にくっついていきます
(これがプラーク (歯垢))。
むし歯の原因 プラークの中のむし歯菌が酸を生産し、この酸が歯を溶かします。

むし歯菌は糖分が大好き。食事や間食はだらだら食べずに時間を決めて摂りましょう。むし歯菌が多いとむし歯になりやすいので、ていねいな歯磨きで歯の表面から菌を取り除きましょう。

むし歯の進行

CO(要観察歯) CO(要観察歯)
初期むし歯とも呼ばれます。歯の表面が白くにごってくすんで見える状態です。まだ元の健康な歯に戻る可能性がありますが、放っておくとむし歯に進行してしまいます。
C1 C1
歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白くにごっていたり、茶色などに着色してザラついていたりします。まだ穴になっていません。
C2 C2
象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。
C3 C3
むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達したむし歯です。炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。
C4 C4
歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、さらに歯周病へと進んでいきます。

 

大人のむし歯

大人のむし歯は“2次う蝕”と“根面う蝕”に気をつけましょう。

2次う蝕とは

2次う蝕

1度治療した詰め物の境目からむし歯になることです。発見がしづらく改めて削ることが困難なため歯を失う原因になります。詰め物の部分は丁寧に歯みがきをしましょう。

根面う蝕とは

根面う蝕

加齢や歯周病で歯肉(歯ぐき)が下がってしまった部分に発生するむし歯です。歯肉が下がってしまった部分は象牙質が露出していて、とてもむし歯になりやすいのです。
やわらかめの歯ブラシでやさしく磨いてあげてください。

大人のむし歯

丁寧な歯みがきと共にフッ素入りの歯みがき剤の使用がオススメです。

ページトップへ

かねしろ歯科クリニックは宝塚市中山の歯科医院(歯医者)です。宝塚市、伊丹市、川西市など地域に密着した歯科診療を行っています。宝塚、歯科、小児歯科、矯正歯科、予防歯科、小児矯正歯科、歯医者、中山、中山寺、山本、売布、歯科医院、宝塚市。